プロフィール

LINEで送る
Pocket

アミット・ロイ AMIT ROY

1959年、カルカッタ生まれ。

 

インド音楽の伝統の中で

高名なシタール製作家である父ヒレン・ロイより幼少時から音楽を学んだ。

 

後に、サントーシュ・ベナルジー氏に師事。

サントーシュ・ベナルジー氏

 

1978年からは、国際的に活躍した巨匠パンディット・ニキル・ベナルジー師に師事。

師とともに生活しながら学ぶという、インド音楽の伝統的な訓練を受けた。

この音楽訓練は1987年にニキル・ベナルジー氏が亡くなる日まで続いた。

 

ニキル・ベナルジー氏

 

その後はニキル・ベナルジー氏の師匠であったアンナプルナ・デヴィ師に師事している。

 

アンナプルナ・デヴィ氏

 

アミット・ロイの演奏

アミット・ロイ氏の演奏は、ゆったりとした部分での表現力が特に傑出している。

その美しい音色、甘美な歌いまわし、変幻自在の表現力は高く評価されている。

 

現在の活動

現在は名古屋に居を置き、演奏活動と後進の育成に力を注いでいる。

教室は、東京・名古屋・大阪・仙台にある。